ロゴ

フリーワード・全文検索

TOP  > トピックス  > 熊本地震被災者世帯に係る水道料金等の減免について

熊本地震被災者世帯に係る水道料金等の減免について

h2タイトルライン

熊本地震被災者世帯に係る水道料金等の減免について

 

 熊本地震で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますと共に一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 那覇市では、今震災で被災され、本市域内の公営住宅等へ避難生活のため一時的に入居された方、あるいは一般世帯において被災者を一時的に受け入れた方の被災者に係る水道料金及び下水道使用料(以下「水道料金等」という。)を減免いたします。

 減免の取り扱いは、次のとおりとなっています。

 なお、被災者で独自に民間アパート等を賃借し入居された方については、公営住宅等へ入居された方に準じた取り扱いとなります。

 

【減免対象者】

1 公営住宅等への入居者

 公営住宅、改良住宅、小規模改良住宅(小集落改良住宅を含む。)、更新住宅、高齢者向け公共賃貸住宅及び特定公共賃貸住宅への入居者。

2 被災者を受け入れた方

単身者又は親族等を単位とした世帯で、旅館業あるいは貸部屋業等を生業としていない一般世帯に被災者を受け入れた者。

 

【減免内容】

1 公営住宅等への入居者

水道料金等を免除

2 被災者を受け入れた方

被災者を受け入れた世帯の使用水量から、受け入れた被災者1人あたり月8㎥を減量して算出した水道料金等を、実際の使用水量により算出した水道料金等から差し引いた額を減額する。ただし、実際に使用した水量が控除できる水量より少ない場合は使用水量を0㎥とみなし、基本料金額を上回る額を減額とします(つまり基本料金のみの支払いとなります)。

 

【減免の期間】

公営住宅等被災入居にあっては入居した日から、被災者世帯受入にあっては被災者を世帯に受け入れた日から平成29年3月分まで適用。

 

【減免申請手続き】

 1 公営住宅等(民間アパートも含む)への入居者

那覇市上下水道局窓口へ「公営住宅等被災入居に係る水道料金等減免申請書(第1号様式)」に添付書類を添えて提出してください。

添付書類:被災した住所地市町村等発行の当該震災等に係る、り災証明書(コピー可)。書類が用意できないときは、係員にご相談ください。

 

2 被災者を受け入れた方

那覇市上下水道局窓口へ「被災者世帯受入に係る水道料金等減免申請書(第2号様式)」に添付書類を添えて提出してください。

添付書類:被災した住所地市町村等発行の当該震災等に係る、り災証明書(コピー可)。書類が用意できないときは、係員にご相談ください。

 

    ※申請・届出書(ダウンロード)

 

【受け入れ人数に増減があったとき】

世帯に被災者を受け入れた方は、受け入れ人数に増減があったとき、その増減の内容を「事情変更届(第3号様式)」により上下水道局料金サービス課へ提出してください。

 

【入居を終えたとき又は被災者受け入れが終わったとき】

 「事情終了届(第4号様式)」を上下水道局料金サービス課へ提出ください。

 

連絡先

那覇市上下水道局 料金サービス課 

098-941-7811(直通)

098-941-7812(FAX)

 

 

 

市営住宅課HP へリンク

沖縄県住宅供給公社HP へリンク