ロゴ

フリーワード・全文検索

TOP  > お客さまへ  > 下水道に関するお問い合わせについて  > 下水道への接続に関すること  > 排水設備工事を行うには(工事の手続)

排水設備工事を行うには(工事の手続)

h2タイトルライン

排水設備工事は師弟展に依頼します。 排水設備工事は指定店に依頼します

くみ取り便所を水洗便所に改造し、台所、風呂場、洗濯水などの生活排水を下水道管に流し込むようにする施設の工事を「排水設備」の工事といいます。 し尿浄化槽を廃止して下水道管に直結する工事も同様です。
排水設備の工事は、那覇市排水設備指定工事店でなければ行ってはなりません。
工事費用は個人の負担となります。

工事着手から完了まで 工事着手から完了まで

トイレの水洗化改造や排水設備工事は、皆さんの負担で行っていただきます。工事は、一定の技術水準にそって正しく行われないと、つまりや故障の原因になったり、公共下水道の機能に悪い影響を及ぼすことになります。そのため、工事に必要な専門知識と技術をもった「指定工事店」で行うことになっています。
なお、「指定工事店」では、工事にあたっての諸手続きを皆さんにかわって行います。

排水設備工事
  1. 工事のお申し込み
     指定店へ工事の相談、申し込みを行います。
  2. 現地調査、見積もり
     指定店は、現地調査を行い工事費用の見積もりを行います。
  3. 工事の依頼・契約
     依頼人と指定店で工事の依頼・契約を行います。
  4. 工事の確認申請
     貸付金、補助金の申請も含めて、指定店が代行します。
  5. 確認通知書の送付
     設備の構造等を審査し許可をします。
  6. 工事の施工
     依頼人はできるだけ工事に立会うようにしてください。
  7. 工事完了届、使用開始届の提出
     指定店が行います。
  8. 工事完了検査
     料金サービス課担当が検査を行います。
  9. 検査合格後、検査済証の交付