ロゴ

フリーワード・全文検索

TOP  > お客さまへ  > 下水道  > 公共下水道の役割

公共下水道の役割

h2タイトルライン

「水」は、私たちの暮らしになくてはならない貴重な資源のひとつです。
私たちの生活で使用された「水」はどのようなしくみで処理されるのでしょうか。

まず、家庭や事業所などから出される汚れた水(汚水)は、地下に埋設された下水管で那覇浄化処理センターまで運ばれ、適切に処理されてから、海に流されます。

このように、汚水をきれいにして海に排水したり、雨水を速やかに排除する施設等を総称して「下水道」といい、市民の皆様の快適で安全な暮らしをささえ、川や海の水質保全のために大きな役割を担っています。

さらに、下水処理により発生する処理水を有効利用することによって、循環型都市作りを進めています。

私たちが公共下水道につなぐことによって

川や海がきれいになります

汚水が川や海に直接流れ込まなくなって、 きれいな自然の水をとりもどし、魚や小鳥の住む、豊かな自然が守れます。

水洗トイレが使えるようになります。

浄化槽やくみ取り便所が、きれいで衛生的なトイレに変わり、いやな臭いがなくなります。 近所からの悪臭の苦情がなくなります。

街がきれいになって生活環境がよくなります。

きたないドブや水たまりがなくなって、ハエや蚊などの害虫がいなくなり、街はきれいに整備され、快適な生活環境が生まれます。

浸水が起こりにくくなります。

大雨が降っても、雨水はどんどん雨水管に流れ、浸水が起こりにくくなります。台風や梅雨時でも、安心していられます。